麹発酵 黒豆搾り

発酵黒豆をギュッと搾ったピュアな黒豆ドリンク
日本健康医学会賞受賞

【開発ストーリー】杜氏が、健康飲料を
つくることになるなんて。

試作に失敗した黒豆焼酎。
その成分を調べたらスゴいことに!

「黒豆搾り」はもともと黒豆焼酎の開発過程で偶然に生まれた「アルコール0%」の液体でした。つまり焼酎の試作としては惨憺たる大失敗。しかしタンク内の液体を東京農業大学で「念のため」に分析してみると、体に良い成分が絶妙のバランスで豊富に含まれていることが分かったのです。「これを生かす手だてはないものか」分析をしてくださった穂坂賢教授(醸造学科)のこの言葉がきっかけとなり、大学との共同開発がスタートしました。
杜氏にとってはまさかの新境地。しかし焼酎づくりで培った技術により、飲み口の良い、これまでにない健康飲料が完成しました。

添加物頼みの健康食品に、
納得していますか。

「黒豆搾り」に含まれている成分は、すべて黒豆と麹菌由来のもの。一切添加することなく実現したそのバランスには、日本人の健康を支えてきた発酵食品の醍醐味を感じることができます。
そんな「黒豆搾り」は、開発に携った研究者や杜氏からも、自信と誇りをもってお勧めできる健康飲料です。

  • ポリフェノール

    強力な抗酸化作用を持つとされる植物由来成分。

  • クエン酸

    疲労回復や新陳代謝を促進させるクエン酸回路の原動力。

  • アミノ酸

    筋肉など体のたんぱく質の元となる物質。旨味成分でもある。

  • ミネラル

    体調を整えるのに不可欠。人の体の中で作ることができない。

成分

東京農業大学 穂坂賢教授の推薦文

天然素材100%を醸造技術で実現

2002年頃より、熊本県球磨郡の株式会社堤酒造、堤和弘社長より黒豆を主原料とした「黒豆焼酎」の開発についての相談を頂きました。この「黒豆焼酎」を開発するに当たり、健康を意識した焼酎開発を考えられていることを伺いました。

健康を開発のコンセプトにすると、焼酎よりも他の飲料への転換が必要であると考え、さらに会社の技術や製造ラインをも考慮すると、黒豆の持つ原料特性(サポニン、アントシアニン、エピカテキン、カテキン等のポリフェノールを豊富)を有する点、また黒豆を有効に分解するために利用を考えた白麹菌(Aspergillus kawachii)による米麹を生かすことが考えられました。白麹菌は、デンプンやタンパク質を糖やアミノ酸に分解するほか、クエン酸を生産する能力を有しています。これらポリフェノールの他、糖、アミノ酸、クエン酸など現代人に必要不可欠な物質を生産することにより、とかく栄養バランスを崩しているといわれる現代人の健康面をサポートする飲料を目指しました。株式会社 堤酒造、堤社長はじめ社員皆さんの取り組みの下、黒豆を使ったクエン酸酢が出来上がりました。

「黒豆搾り」は、酢酸菌が生産する酢酸ではなく、白麹菌が生産するクエン酸を酸味のベースにしており、このクエン酸と黒豆由来のアミノ酸、ポリフェノールを多量に含有しているのが本商品の特徴です。さらに白麹菌由来のビタミンの他、ミネラルも含んでいるためバランスよい飲料といえます。天然素材100%を醸造技術により創出した商品といっても過言ではないでしょう。

商品を試飲した感想は、クエン酸を酸味のベースにしているため、酢酸のような刺激が少なく、また糖やアミノ酸による甘味と旨味とがマッチしたまろやかさがあり、大人から子供まで気軽に飲むことのできるものになっています。含有している成分から考えると、毎日飲み続けることで、健康によいこと間違いないものと思われます。

東京農業大学 醸造学科教授
穂坂 賢

おトクな定期便

単品

PAGE TOP